トランプであろうと誰であろうと

次期アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏に決定した。

選挙戦から移民排除や在日米軍の撤退など過激発言で話題をさらい、メディアによるクリントン優勢の報道の中で、多くの知識人はどうせクリントンになるのだろうと思い、冗談半分でトランプ氏の危険さを主張してきた。

しかしそれは冗談で終わらず現実問題となった。

手のひらを返すようにトランプを支持する人、こうなった以上本気で警鐘をならす人。

アメリカの民主主義はトランプを選んだ。ただの過激発言によるネガティヴキャンペーンでは終わらなかった。

 

トランプが大統領になり、アメリカが内向きになることで、同盟を結ぶ日本はTPP在日米軍の問題など、これから様々な問題に直面せざるを得なくなるだろう。

さらにトランプは政治経験はなく、能力も未知数だ。

しかしこれは日本にとって千載一遇のチャンスだと思う。

ここで日本は世界に対して、同盟国のトップが変わったくらいでぐらつくような国ではないことを証明しなくてはならない。

相手が誰であろうと構わないと言える自信と強さを持たなくてはならず、むしろどんなやつか見極めるくらいの余裕すら持つべきだ。

幸い現在日本の政権は安定している。

安倍さんはトランプに対し、手揉みしてご機嫌を伺うようなことはしないよう願う。

アメリカに外交カードがあるとしたら、こちらにも外交カードはある。

物事は決して一方通行ではない。

自ら自分を貶めるのは嘲りを生むだけだ。

 

仮にここで日本が動揺し、国内外に様々な影響をだし、アメリカに対し下手に出るようなことがあるならば、アメリカをはじめ世界は日本を今後その程度の国として扱うことだろう。

逆に日本が上手く対処できたとしたら国際社会でのプレゼンスは上がることだろう。

これはある意味試されており、世界はその進退にも注視しているはずだ。

そしてトランプといい関係を築き、新たな協力体制を築くことができたなら、国外の危険に対しての牽制にもなる。

 

トランプであろうと誰であろうと同盟国とは、よい関係であることを願う。